返事がない、ただのおおきのようだ

おおき物語

ノリで描く人生記

人生終了のホイッスルは、自分の人生を諦めたときに鳴る

スポンサーリンク

 

今日みたブログがなかなか衝撃的で、思わず書きたくなったので

久しぶりに書きなぐるように書いておりまする。

 

 

人生のホイッスルは、自分の人生を諦めたときに鳴る

f:id:dqooki:20180115192439j:plain

今日、忘れたけど何かのキーワードで検索して、タイトル名そのままのブログが見つかりました。

週二日しか働かない三十代の屑。しかも、実家暮らし。

 

ただ、30代フリーターの自分に嫌気を感じている筆者の日常を綴っているブログ。

現在は更新が止まっています。

内容は、毎日、バイトして面接落ちて、母親からは屑呼ばわりされて、辛い……。といったもの。

 

タイトル名まんまの内容。

 

ただ、僕は、内容云々よりも

自分の人生が終わる時って、もしかするとこういう場合しれないなと考えました。

人生のホイッスルが鳴るのは、自分の人生を諦めた時なんじゃないかと。

 

 

 

30代だって道はあるはず

 

だって、別に今の現状が辛くて仕方ないなら、いろんな道を見つければいいじゃないですか。

難しい!って言うかもしれないけど、ブログで成功している人の中には30代の方もいますし、ドライバーとして働くのもアリでしょ。

 

IT業界でも派遣未経験から転職している例もあるし、別にできない話じゃないはず。

 

いくらても探せば成功例なんてあるのだから、諦めなければ現状から抜け出す見つかると思うんですよ。

探す努力を怠らなければ、自分を変えられるきっかけもあるはずだと思うんです。

 

ただ、先ほど挙げたブログの筆者は、自分の人生をすでに

諦めてしまっているんです。

 

諦めてしまっているから、もう何も動けなくなってる。

どうせ自分は何をやってもダメなんだ…という学習性無力感を感じて、試合終了のホイッスルを鳴らしています。

 

 

人生終了のホイッスルは鳴らせない

 

諦めるな!って、学校の先生が言うような当たり前のことじゃないですか。

んなもん、知っているわ!バーカ!って鼻で笑い飛ばす話。

 

でも、諦めないことってめちゃくちゃ難しい。

 

実際、僕も諦めないことが大事なんてわかっていたけど、行動して良くない結果が続くと、どうせ自分だから…。と逃げ出していました。

あくまでも、自分の感情を入れず、どうしてうまくいかないのか?何が原因なのか?を考えれば、おのずと答えは出てくるはずなのに。

 

つい、自分の感情を交えた「解釈」を入れがちになってしまう。

でも、解釈を取り除き、あくまでも論理的で考えれば、また元に戻れるんですよね。

 

人生の終了のホイッスルなんて、かっこつけたタイトルで書いたけど、みんな人生終了のホイッスルは鳴るもの。

ただ、生きているうちに鳴らせちゃいけないなと。