返事がない、ただのおおきのようだ

おおき物語

ノリで描く人生記

夏の終わりがとてつもなく嫌いだ!

スポンサーリンク

f:id:dqooki:20170905212438j:plain

夏が……終わるるるぅ!

おおきです

 

突然ですけど、夏の終わりってめっちゃ嫌じゃないですか?

あれだけ暑かった8月だったのに、最近急に涼しくなりやがって。。

 

解せぬ。

 

 

暑かった夏の終わりがとてつもなく悲しい!!!

外に出るたびに、暑くてうんざりしていた8月が終わって、急に涼しくなるこの感じがどうしようもなく悲しい。

 

たしかに、涼しくなるのは、嬉しいんだけどさ。

「え、もうお前行っちゃうの?」っていう仲の良い旧友が電車に乗り込もうとする悲しさがある。

そんな体験ないけど。

f:id:dqooki:20170509203057j:plain
フレッシュすばるくん

涼しくなっていいじゃん?

f:id:dqooki:20170511181729j:image
おおき

良くない!!!!

 

 

暑いから、しょうがないか!!って納得する部分がなくなると、どうしてか悲しくなる。

 

あまり、うまく言語化できないけど、要するにこういうことだと思う。

 

 

夏の終わりによる「変化が悲しい」

f:id:dqooki:20170905211254p:plain

今まで当たり前にあった「夏」が消えてしまう悲しさ。

ミーンミーンとうるさいくらい鳴いていたミンミンゼミが、気付いたらいなくなっていて、会おうと思ってもまた1年後にしか会えない感じ。

 

それに、たまにひぐらしが1人で鳴いているのも、頑張っている感があって、哀愁漂っている感じがまた悲しい。

 

空もいつのまにか少し高くなって、季節が変わるのを認めざる得ない現実。

 

嗚呼、今なら詩を読めそう。

 

こんな風に変化していくのは、やっぱり悲しいです。

 

 

変化はしょうがないこと

 

どんなことにも、変化はつきものだし、変わらないものはないとは思う。

今日の自分と明日の自分の顔は、そんなに変わらないかもしれない。

でも、僕の顔は確実に20年後には老けている。

 

僕の顔が20年後老けている理由は、僕はこの瞬間にも少しずつ老いているから。

 

変わっていないようで、変わっているんだよね。

 

変化についていけない種は、滅びるとも言われているし、変わることを怖がっちゃいけないなとも思うけど、それでも

悲しい!!!!

 

 

 

気付いたら、1年も終わりそうな感じも許せぬ…!

 

完全にやつ当たりだけど、夏が終わると、12月まであと3ヶ月しかないのも許せぬ。

今は、9月を走行中だけど、あー秋だなーって思っている間に、クリスマスが来て、すぐに年末。

そんな感じで、年末になって、1年が終わる……。

早すぎるよ。

 

 

夏の終わりが嫌いだ!!!!!

 

ここまでダラダラ語ってきたけど、やっぱり夏の終わりが嫌い。

 

やっぱり、夏が終わりかけの9月になると、夏イカナイデー!と思っちゃうし、許せぬ。

しんみりしたことを感じさせる夏の終わりは、嫌いじゃ。

 

ただ、夏の終わりに近づくと、「あぁ、夏が良かったなぁ…」と感じさせてくれるから、なんやかんや嬉しい存在ではある。