返事がない、ただのおおきのようだ

おおき物語

ノリで描く人生記

好きなことを仕事にするのは無理だと考える3つの理由

スポンサーリンク

 

こんにちは

おおきです

 

好きなことを仕事にするって魅力的ですよね。

www.youtube.com

 

 

最近では、「好きなことを仕事にしたほうが良いんじゃないか」という大人も増えてきたように感じます。

 

ただ、僕は、好きなことを仕事にするのは大半の人は無理だと考えています。

 

一部の特殊な人しか無理だろ!という方もいますが、まさにその通りだと思う。

でも、絶対無理というわけじゃないと個人的は思っています。

 

この記事の最後では、僕が考える好きなことを仕事にできる条件も触れていきます。

 

 

 

好きなことを仕事にするのは無理だと考える理由1.本当に好きな人には勝てないから

 

もし、あなたが格闘ゲームを好きで、仕事にしたいと考えているとする。

あなたのゲーム好きは、「プロゲーマー」と呼ばれる方を超すほど、ゲームがうまくできるのかという話。

 

プロゲーマーと呼ばれる方々は、普通の人では真似できないことをやってしまう。

単純に技術をマネできるほどのゲームをできるのかという点。

 

あなたの好きは本当にその人を超えるほどの「好き」を持っているのだろうか。

大半の人は、一日中やっていることができるほどの好きを持っていないのではないかと僕は考える。

 

 

好きなことを仕事にするのは無理だと考える理由2.仕事として好きなことをできない

 

f:id:dqooki:20170831232128j:plain

 

僕もブログでお小遣いくらいは稼ぐことができていますが、「日記を書くことが楽しい!!」とブログを書く人は、ブログでお金を稼ぐことができない。間違いなく。

 

ただ、芸能人のような「今日の朝食はこんなものを食べました~!」とアメーバブログで書いているような特殊な人は除きます。

 

要は、自分の収益につながることを前提として、ブログを書けるのかどうか。

僕は、ブログのことばかり考えていた時代に、何度も悩んだ時がありました。

 

www.dqooki.net

www.dqooki.net

 

単純にブログを書くだけでお金を貰えるわけではなく、見る人が読んで得する記事を書かなきゃお金を得ることはできません。

そもそも、ビジネスとしてやるなら、相手にとって価値のあることをしなきゃいけないことは当然だと僕は思いますが。

 

仕事として、好きなことをできるのか。

仕事として、好きなことをできるのかというのは、重要な問題です。

 

 

好きなことを仕事にするのは無理だと思う理由3.やりたくないことをしなくてはいけない

 

先ほどの話と繋がる部分はありますが、単純に自分のやりたいことだけで、成功できる人はごく一部。

ゲーム好きが、プロゲーマーレベルを目指すのは、難しい。

 

僕も、ブログで稼ぎたいなーと思ったけど、ただ日記を書いたところで、難しい。

 

ある程度、他の人に見てもらうような取り組みをしなきゃいけない。

 

純粋に、好きでやっていることだけでは難しく、大半の人には好きなことだけを仕事にするのは難しいと思うのです。

 

だからこそ、ある程度やりたくないことをしなくてはいけない。 

 

 

じゃあ、好きなことを仕事にするのは無理なのか?

 

単純に、好きなことだけしてお金を得るのは、一部の人にしか無理だと思います。

でも、これまで書いてきたことの逆のことをやれば、好きなことを仕事にできるのではないかと僕は考えてる。

 

 

自分の好きを誰かのために役立てることができるのか

 

毎回、ゲームを例に挙げて申し訳ないのですが、単純にゲームをするのではお金を稼ぐハードルは物凄く高い。

 

でも、ゲームの攻略情報サイトを立ち上げ、多くの方にゲームの攻略情報を伝えて、広告を貼れば仕事になると思います。

 

ただ、この時にはゲームだけをするというレールから外れなきゃいけない。

 

また、ゲームで言えば、ゲーム実況動画を作ってユーチュブやニコニコ動画に投稿して、広告収入を得るという方法もあります。

 

役に立つコンテンツをブログやSNSで発信することができることも重要になっていく。

このように、お金につなげるための努力ができるなら、僕は好きなことを仕事にできると考えています。

 

結論:純粋に好きなことを仕事できるのは一部の人

 

純粋に好きなことを仕事にできるのは、ごくごく一部。

自分よりもうまくできる人がいる中で、戦っていくのは、難しいんじゃないかと僕は思う。

 

差別化する努力やお金につなげるための努力ができるのであれば、可能だと僕は考えている。

自分のやりたいことのために、自分のやりたくないことができるのかどうか。

 

本当に自分のやりたいことのために、やりたくないことができる人こそが「好きなことを仕事にできる」という魅力的な次元にたどり着けるんじゃないかなと僕は思います。

 

こうなると、興味のない人からしたら、「もう、それ仕事なんじゃね?」って思ってしまうかもしれませんが。