返事がない、ただのおおきのようだ

おおき物語

ノリで描く人生記

ネットで学生が稼ぐなら、クラウドソーシングがおすすめだよ!

スポンサーリンク

 こんにちは

おおきです

 

僕は、ブログ以外にもクラウドソーシングというサイトを使って、学生でありながらネットでお金を稼いでいます。

 

今回は、そのクラウドソーシングについて紹介していきます。

 

クラウドソーシングは、インターネットのバイト版のようなもんです。ホント。

 

 

 

 

インターネット版のバイト「クラウドソーシング」とは

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。

このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

 

ウィキペディアより引用

 

うん、長い!

簡潔言うと、誰かが「これやってほしい!」という仕事を募集していて、「あ、俺それできるわ!」という人が仕事を受け入れる仕組み。

例えば、こんなサイトを作って欲しいという募集があったのなら、募集条件が満たしている場合のみ依頼主とクラウドソーシング上で連絡を取り合う。

 

IT系の案件が多いので、ITスキルがある人は有利。

プログラミング書けたりする人は、無双できそう。

 

ただ、「いや、プログラミングなんて打てねーよ!」っていう方でも大丈夫。

僕もITスキルゼロだけど、バイト感覚でできてます。

 

この無料アプリの感想を、書いてー!とか

このアンケートに記入してくれないー?とか

 

そういった誰でもできるような簡単な作業の案件も多い。

僕は、文字を書くのが好きなので、アプリ系のライティングの案件を受けています。

 

ちなみに、はじめてでも、依頼主(クライアント)が丁寧に教えてくれるので、安心。

 

クラウドソーシングのサイトは主に以下の二つ。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ 

 

 

ネットで学生が稼ぐのにおすすめなサイト1.クラウドワークス

f:id:dqooki:20170816205649p:plain

僕が普段使っているのは、このクラウドワークス。

定期的に、ここで記事を書いています。

 

案件も多く、個人的には画面も見やすい。

 

公式サイト

クラウドワークスの登録方法 

 

f:id:dqooki:20170816205808p:plain

クラウドワークスの公式ページに飛んで、新規登録からメールアドレスを記入。

facebookやヤフーからログインすることも可能。

 

登録はスゴイ簡単。

 

 

クラウドワークスの使い方

 

f:id:dqooki:20170816205839p:plain

登録を終えたら、上のバーの仕事を探すをクリック。

自分がやってみたいジャンルを横の仕事の種類から選ぶ。

 

そして、上のバーから「経験不問やコンペ、タスク」など自分に合ったやり方で仕事を探す。

f:id:dqooki:20170816205915p:plain

カンタンに説明すると、経験不問は、その名の通り未経験でもできる仕事。

コンペは、サービス名のネームの募集などの少し変わった仕事。

タスクは、アンケート記入などの単発で終わるような仕事。

 

もう一つ、プロジェクトという方式がある。

 

プロジェクトは、長期的に案件を与えてくれるので、本気で稼ぎたい方には向いている。

 

f:id:dqooki:20170816210412p:plain

どの仕事でも、依頼主が基本的に丁寧に教えてくれるので、安心してできる。

僕は、このプロジェクトで仕事を貰っている。

公式サイト

 

 

クラウドワークスの注意事項

 

ただ、このクラウドワークスを使う上では、仕事を選ぶことが何より大事。

例えば、カンタンなアンケート記入のようなものだと、10分で終わって、報酬500円なども多いし、稼ぎにくいと感じることもある。

 

だから、タスクやコンペよりも、プロジェクトで時間に見合う仕事を見つけることが何より大事。

 

バイトに似ているなーと個人的には思っている。

公式サイト

 

 

 

ネットで学生が稼ぐのにおすすめサイト2.ランサーズ

f:id:dqooki:20170816205956p:plain

ランサーズも上のクラウドワークスと同じようなサービスです。

こちらの方が案件が、全体の案件数が若干多い。

 

ただ、仕事の種類によっても異なるので、自分がやりたいと思う仕事があるかないかは登録をして確認する必要がある。

 

だから、本気で稼ぎたいと思う人は、クラウドワークスとランサーズの両方を登録したほうが良い。

 

ランサーズの登録方法

f:id:dqooki:20170816210043p:plain

ランサーズ のトップ画面に行き、右上の登録ボタンをクリック。

 

必要な箇所を記入して、登録完了。

 

f:id:dqooki:20170816210110p:plain

 

 

ランサーズの使い方

 

登録ができたら、はじめに自分が始めたい仕事のカテゴリを選ぶ。

(上のバーの仕事を探すをクリックする)

仕事を選んだら、次に方式を選びます。

f:id:dqooki:20170816210134p:plain

 

方式の種類には、クラウドワークスと同様に、「コンペ、タスク、プログラム」の3つ。

f:id:dqooki:20170816210254p:plain

タスクは、アンケート記入などの単発で終わるような仕事の案件なので、はじめやすい。

また、ちょっと稼ぎたい方に向いている。

 

コンペは、少し変わった案件が多く、サービス名を考えて!など面白い案件がある。

 

プロジェクトは、長期的に案件を与えてくれるので、本気で稼ぎたい方はこちらが向いている。

ただ、案件によっては月にこのくらいの作業をしてください!など書いてあるところも多いので、よく注意しよう。

 

また、ランサーズもクラウドワークスと同様に、案件が対価と見合っているのかどうかというのも、考えなきゃいけない部分です。

 

実際の案件の画面(タスクの案件)↓

f:id:dqooki:20170816210448p:plain

 

実際にやってみる

 

学生だって、ネットで簡単に稼げる時代になっている

 

現在において、学生であっても、十分稼げる時代にはなってきているなーと感じています。

クラウドソーシングなんて、バイトみたいなもんですし。

 

寧ろ時間のある学生のほうが有利になります。

 

自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるクラウドソーシングをやってみることを一度やってみることをおすすめしますよー!

 

やるか、やらないかの問題です。ぜひ挑戦してみてください。

 

実際にやってみる

 

 クラウドワークス↓

ログイン【クラウドワークス】