返事がない、ただのおおきのようだ

おおき物語

ノリで描く人生記

Fonesoスマホ自撮り棒を買った【シャッターボタン・三脚付】

スポンサーリンク

おおきだ!!!!!

 

先日、買ったスマホの自撮り棒。

 

ついに、届いた!!!

 f:id:dqooki:20170627105614j:image

 

ついに、買ってしまったよ……。

自撮り棒を。

 

 

孤独を愛する私には、買わずにはいられなかった……。

 

 

 

  

Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒 を買った!(シャッターボタン・三脚付き)

 

買った自撮り棒はこちら。

 

 

シャッターボタンと三脚も付いて、なんと1800円!

比較的安いから買ってみたけど、僕が買ったら売りきれになってた。

 

当面は入荷予定なし…らしい。

 

評価も高くて、iphone6 plusにも対応。

また、アマゾンレビューによると、iphone7にも対応できるらしい。

 

便利だ!!!

 

まぁ、とにかく箱を開けよう!

開けてみると…

・ 

え、え、え、英語?

f:id:dqooki:20170627105929j:image

 

表も英語!

 f:id:dqooki:20170627110019j:image

 

裏も英語!Yeah!!

f:id:dqooki:20170627111029j:image

  

って、全部英語じゃねーかァァァァァァァァァァァァァァ!!!!

f:id:dqooki:20170627111205j:image

 

え、これ、もしかしてmade in Americaなの?

説明書も英語だったら、終わるんだけど。

 

俺の英語力は、TOEIC300点だよ?

もう、日本から抜け出せないんだからね!

 

そんなことを考えつつ、箱を開けて説明書を取り出す!

 

頼む!説明書!

お前だけは…!英語じゃないよね!!

 

 

ワオ!

f:id:dqooki:20170627111842j:image

こ、この

f:id:dqooki:20170627111849j:image

 

 

この裏切り者がぁぁぁぁぁぁああああああああ!

f:id:dqooki:20170627111205j:image

 

 

 

と、思ったんだけど、説明書の裏は日本語が書いてある仕様だった。

 

まさかの二カ国語対応!!

僕よりも、優秀なんですがそれは。

f:id:dqooki:20170627112052j:imagef:id:dqooki:20170627112057j:image

 

まったく、、、素晴らしい仕様である。

 

 

 

foneso(bluetooth)のスマホ自撮り棒の使い方

 

fonesoスマホ自撮り棒に入っているもの

入っているものは、自撮り棒、シャッターボタン、三脚の3つとストラップ、マジックテープ、説明書が入っていた。

f:id:dqooki:20170627112731j:image

 

 

自撮り棒の使い方

 

三段階に伸ばせる仕組み。

伸ばせる長さは以下。

 

何もしないと約50cm

1段階に伸ばすと約75cm

2段階に伸ばすと約90cm

f:id:dqooki:20170627122650j:image

 

自撮り棒を伸ばす時には、ロックを解除した後、伸ばせる。

その後、再度ロックをかける。

 

ロックの解除の仕方は、グリップの部分を左に回す。

逆に、ロックをかけるには右に回す。

f:id:dqooki:20170627123016j:image

 

棒を自分の希望の箇所まで伸ばした後、スマホスタンドを立たせれば、自撮りできるようになる。

f:id:dqooki:20170627130613j:imagef:id:dqooki:20170627130618j:image

 

スマホを置いた図

 f:id:dqooki:20170627172616j:image

 

試しにこの段階で撮ってみたら、

めちゃくちゃ、アホ面になった。

f:id:dqooki:20170627130918j:image 

 

ちなみに、すげぇ関係ないけど、自撮り棒っていう名前は 「シンプル過ぎてダサくない?」って思っていたんだけど、英語に直すと「セルフィースティック」なんだよね。

 

英語の方が、かっこいいよね。

日本でも、セルフィースティックでいこう?

 

 

シャッタ-ボタンの使い方

 

シャッターボタンを使うには、少しばかり設定が必要。

まず、シャッターボタンを5秒押して、電源を入れる。

その後は、各端末によって設定が異なる。

 

 iPhoneなら、設定→BluetoothオンでIBO-01が出てくるので、タップ!

接続済みとなったら、使用可能。

 f:id:dqooki:20170627174715j:image

androidもまた同様で、設定→Bluetoothオンでできるみたい。

 

ちなみに、もしBluetoothの画面が出てこなかった場合には、電池の裏表が逆の問題があり得るかもしれない。

 

少なくとも、僕はそうだった。

  

シャッターボタンは、ボタン電池で動いているのだ。

シャッターボタンはスライド式で、カンタンに外せるよ!

f:id:dqooki:20170627131616j:image

 

ちなみに、予備の電池も付いてきてた。

なにこの、バイリンガル。優秀過ぎる。

f:id:dqooki:20170627200426j:image

 

さぁ、何はともあれ使ってみようではないか。

 

シャッターボタンとスマホをBluetoothでつなげて、試しに撮ってみた。

 

写真は、まさかすぐにカシャッとなるとは思わなかったため、油断した。

f:id:dqooki:20170627201041j:image

 

f:id:dqooki:20170509203101j:plain
フレッシュすばるくん

テレビを見るおじさんみたいだね!?

 

f:id:dqooki:20170511181729j:image
おおき

そんなこと言うなし

 

 

自撮り棒+シャッターボタン

これは最大まで自撮り棒を伸ばしたパターン

f:id:dqooki:20170627201240j:image

 

1段階(約75cm)まで伸ばしたパターン

f:id:dqooki:20170627201314j:image

 

意外といい感じ。

顔は…気にしないでください。

 

 

 

三脚の使い方

さて、最後に三脚です。

f:id:dqooki:20170627204451j:image

 

三脚を立てる時に大したコツもいらないので、あっさり紹介していきます。

 

ただ、棒を立てる時に、バランスを取るのがちょっぴり難しかった。

コツは、柱が正三角形になるようにしていくこと。

f:id:dqooki:20170627204555j:image

 

そして、組み立てた後は自撮り棒とドッキング。

f:id:dqooki:20170627204740j:image

 

スマホをつけるとこんな感じ。

いいね!

f:id:dqooki:20170627204922j:image

 

さぁて、これまでのアイテムを使って実際に撮ってみましょー!

 

 

実際に撮ってみた

ひゃっっふぅぅぅ!

f:id:dqooki:20170627205051j:image

 

イェーイ!!!

f:id:dqooki:20170627205122j:image

 

ノリでかめはめ波を打ってみたけど、シャッターボタンがガッツリ映ってしまった…。

f:id:dqooki:20170627205153j:image

 

このfonsoスマホ自撮り棒の弱点は、リモコンを持ちながら写真撮影になってしまうから、手が片手しか使えないのは弱点かなと思った。

 

だから、かめはめ波を始めとする両手を広げるアクションは向いていない。

 

もちろん、スマホのタイマーをセットすればいいんだけどね。

それ以外はデメリットはないから、満足。

 

他の自撮り棒との比較

僕は、シャッターボタン付きのスマホ自撮り棒を購入したけど、他にもいろいろあるので、ちょっと比較。

 

基本的には、特に変化はないけど、仕様にちょっとした変化がある程度。

 

 

TaoTronics 自撮り棒 (TT-SH10)

この自撮り棒も人気だったので、候補として挙げていた。

特徴として、シャッターボタンが根本に付いていること。

 

これは優秀だなと感じた。 しかし、それを上回るのがこちら。

 

 

LENDOO 自撮り棒(シャッターボタン・三脚付き)

買うか迷ったけど、値段が少し高くてやめた自撮り棒。

くやちい。

 

80cm程度まで伸び、根本にシャッターボタンがつけることができる上に、シャッターボタンも離してる使えるという完全に買ったタイプの上位互換。

しかも、三脚もついている。

 

強い。強すぎる。

 

お値段は多少上がるけど、今だったら断然こっちがおすすめです。

 

 

 

まとめっ!

 

今回買った自撮り棒の性能は、三脚もついていて、シャッターボタンもついている。

結構優秀な一方で、自撮り棒の手元にシャッターボタンがないのが唯一の弱点かなと思った。

 

でも、これで旅行に行った時に「パシャ」と綺麗に撮れ、写真に思い出を残せるのであれば、買ってよかったと思う。

 

これで、ブログにも高品質な画像を載せられるからね!

 

 

 

 

f:id:dqooki:20170627205523j:image

 

 

 

関連記事

ペヤング激辛が辛すぎる!のでレビューしました↓ 

ペヤング激辛(大盛り)を食べたら、辛すぎて鼻水でた - おおき物語


ホリエモンの多動力もレビューしましたよ!↓

 

8万部突破!ホリエモン(堀江貴文)の新作「多動力」の感想 - おおき物語